MENU

ANAインターコンチネンタルホテル東京 宿泊レビュー1 実際に泊まって徹底解説します。

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

今回は東京の老舗のシティホテル「ANAインターコンチネンタルホテル東京」について前後半に分けてアップしていきます。

前半では周辺のアクセスや客室の様子を中心に、
後半では水まわりやアメニティ・朝食を中心に上げていきます。

 

実は私の若かりしころANAインターコンチネンタルホテルは憧れのホテルだったんです。
サントリーホールにコンサートを観に行ってその時に歩いたアークヒルズ周辺のオシャレさに感動し、「いつかはこのホテルに泊まってみたい」と思ったものでした。

それでは前半戦行ってみましょう〜‼︎

目次

ANAインターコンチネンタルホテル東京とは

 

まずはANAインターコンチネンタルホテル東京について軽く解説させてください。

 
全日空が「東京全日空ホテル」として1986年6月7日に開業、2006年10月に全日空が英国・インターコンチネンタルホテルズグループと資本・業務提携を結び、12月に共同出資会社である「IHG・ANAホテルズグループジャパン」が発足。これに伴って2007年4月に名称を「ANAインターコンチネンタルホテル東京」と改めた。

1986年というとバブル初期の日本中が浮かれていた時代ですね、近くの赤坂プリンスホテルやホテルオークラと共に一時代を築いたホテルです。

 

ジャンダル

ちなみに私はこの当時、小学生だったのでガンプラで遊んでいましたねw

赤坂プリンスホテルは取り壊され現在は「ザ•プリンスギャラリー東京紀尾井町」として、ホテルオークラも立て替えられ「The Okura Tokyo」として生まれ変わっています。

東京全日空ホテルは名前だけは変わリましたが建物は変わっていません。
そんなバブルの遺産ともいえる老舗ホテルに泊まったレビューをアップしていきます。

 

 

客室数844室、11のレストラン&バー、ショッピングアーケード、大小20の宴会場、フィットネスルーム、ガーデンプール、エステティックサロン、ビジネスセンターなどがありもう一つの町と言っても過言ではない充実ぶりです。

駐車場:500台(屋内、宿泊者は一泊あたり3,900円でチェックアウト日の15:00まで有効)

今回私はYahooトラベルで「1クイーンベッド・クラシック」のお部屋を予約しました。Yahoo!トラベルはポイントを即時利用するとかなりお安く泊まることができるのでオススメです。

アクセスと周辺地域

 

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の最寄駅は銀座線・南北線の溜池山王駅 徒歩1分です、千代田線・丸ノ内線の国会議事堂前駅(徒歩13分)からも地下で繋がっているので、どちらも利用しやすいです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次