MENU

【ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル宿泊記】実際に泊まった感想を本音でレビューします‼︎

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

今回は神奈川県横浜市の「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」をレビューしていきます。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルといえば、特徴的な外観と横浜港やみなとみらいの眺望が素晴らしいことで有名です。

バブル末期の1991年に開業し近未来を予感させる「憧れの高級ホテル」として一世を風靡しましたが、外資系ホテルも増えた今、どのようなサービスを提供されているのか気になるところだと思います。

そんなヨコハマグランドのクラブフロアに宿泊した模様をあますところなくご紹介していきますので、最後までご覧いただけると嬉しいです。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの良かった点、残念だった点

良かった点

  • 窓からの眺望
  • 個性的な外観とオシャレな空間設計
  • 周辺施設が充実

残念だった点

  • 設備に多少古さを感じる
  • スタッフさんの人手不足を感じる
  • 周辺の閉店時間が早く夜はひっそり

 

価格比較はこちらからどうぞ↓

目次

建物の様子

みなとみらい駅からは徒歩5分ほどの立地で、駅の商業施設と陸橋を渡ってすぐにたどり着きます。パシフィコ横浜の案内にしたがって行くとわかりやすいでしょう。

こちらが今回ご紹介する「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」の外観です。よく見る方角とは違い建物の裏側を見ることができます。 

ヨコハマグランドとパシフィコ横浜の曲線が融合して美しいデザインです。ホテルに近づくにつれてワクワクしてきますね。

 

 

ロビーは2階まで吹き抜けでバブル期の豪勢な作りが感じられます。

 

クラブフロア宿泊者はクラブラウンジでのチェックインとなります。

クラブラウンジの詳細は後編の記事でご紹介しますので楽しみにしていてください。

チェックインが完了したら、ルームキーをもらってお部屋に向かいましょう。

共用部は港町横浜のイメージ通り「海」をモチーフにしたデザインとなっています。ネイビーブルーのカーペットがキレイですね。

エレベーターは5機あって到着も早かったです。

 

お部屋の鍵はカードキーでタッチすることで解錠します。

 

今回は2804号室で三角形の先端に近いお部屋です。

客室の様子

さあそれではお部屋の中をご紹介しましょう

今回は「1キング クラブ プレミアム ハーバービュー」というお部屋をご用意いただきました。もともとは26階で予約していたのですが28階にアップグレードしていただきました。

 

ハーバービューということで窓からは横浜港の景色が広がっています。右奥には「横浜ベイブリッジ」も見えますね。

 

続いて窓側からお部屋の様子を見てみましょう。

ダークブラウンの家具にネイビーブルーのソファが映えますね。シックでとてもオシャレです。

 

デスクまわり

ここからは細部を詳細にチェックしていきましょう、まずはデスクまわりです。

デスクはテレビ台を兼ねているので作業スペースはさほど広くはないですが、パソコン作業程度であれば十分に使える広さです。

革張りのチェアがとてもカッコイイですね。

 

デスク下の引き出しにはコード類、防災手引、テレビの下にはパジャマが入っていました。パジャマは後ほどご紹介します。

 

デスクの奥側にはユニバーサル電源とLANポートがあります。このあたりは少々年期を感じてしまいますね。

テレビはスマートテレビでNetflixやYouTubeなども見ることができます。

 

空気清浄機はシャープ、Wi-Fiはなかなか速かったです。

測定・引用USEN GATE02

ベッドまわり

続いてベッドまわりです。

ベッドはキングサイズで180×200cmでした。

 

ベッドの左側には照明と照明スイッチ、ACコンセントが1つ有ります。

ベッド右側には電話、時計付きBluetoothスピーカー、ACコンセントが1つ、引き出しにティッシュが入っていました。

時計付きBluetoothスピーカーはiTOMAというメーカーの製品で目覚まし時計、FMラジオ、Bluetoothスピーカー、スマホ充電器(USBタイプA、C)という一台で4役のスグレモノです。

スマホ充電は無線充電にも対応していてiPhoneなどの対応機種であれば上に乗せるだけで充電ができるんです、これは自宅にも欲しくなりました。

 

ベッドマットレスはSimmonsで硬めの寝心地、パジャマは上下セパレートのワッフル地で肌触りもよく安眠できました。

ミニバー

エントランス部分を見ていきましょう。

左手前からミニバーコーナー、左奥にクローゼット、右側にはウェットエリアがあります。

 

ミニバーは台の上にあるコーヒー、紅茶は無料でいただくことができます。

 

左側にボトルウォーター2本、ケトル、コーヒーマシン、右側にはカップ類、コーヒーカプセル、紅茶、アイスペール、グラス類が置いてありました。

コーヒーマシンはイタリアの「illy」製、紅茶は「Lipton」でした。

 

台の下には冷蔵庫とセキュリティBOXがあります。

冷蔵庫の中はすべて有料でチェックアウト時に精算します。

 

こちらはクローゼットです。

バスローブやバゲッジラック、ルームシューズや体重計などがあります。

 

クローゼットの奥にはアイロンとアイロン台が隠れています。

ウェットエリア

ここからはウェットエリアです。

バスタブと洗面台、シャワーブースとトイレが一体になっている作りです。

 

外資系ホテルはこの形状が多いですが、個人的にはバスタブとシャワーブースは近づけて欲しいんですよね。お風呂のあとに床がびしょびしょになってしまうのがどうも苦手です。

 

バスアメニティはIHGホテル御用達「バイレードのバル ダフリック」、スウェーデンの香水ブランドの製品です。フレッシュでさわやかなとても良い香りです。

 

そのほかのアメニティはこちらです。

基礎化粧品にはミキモトのムーンパールが置いてありました。とくに女性にはうれしいですね。

バスソルトはヨコハマグランドオリジナルで海を思わせるクリアブルーと、潮風に包まれるような爽やかな香りが特徴です。オンラインショップで販売もしています。

 

ドライヤーはPanasonicの「イオニティ」でした。ビジネスホテルでよく見るドライヤーですね。これはちょっと残念ww

歯ブラシはヘッドが大きめですが毛先が柔らかく磨きやすかったです。

 

 

館内施設

 

館内施設についてのご紹介です。

こちらのフロアガイドでわかるかと思いますがレストランやバー、宴会場のほか、披露宴会場、チャペルなどを備えたフルサービスのホテルなのでとにかく広いです。

 

クラブインターコンチネンタルサロン

 

こちらは28階のクラブインターコンチネンタルサロンです。クラブフロア宿泊者が出入りできるサロンとなっています。

 

28階から「みなとみらい」の景色を一望できる特別な空間で、2階のクラブランジとは違い眺望の良さが特徴です。

 

フードの提供は有りませんがコーヒー、紅茶はセルフで自由にいただくことができます。

ハーバービュー・フィットネスクラブ

 

ハーバービュー・フィットネスクラブはホテル内の会員制フィットネス施設です。会員制ではありますが宿泊者は無料、または有料にて利用できます。

すべての施設¥6,600(税込)プール、ジム、サウナ、シャワー、ロッカーのご利用
プールのみ¥4,400(税込)プール、シャワー、ロッカーのご利用
サウナ¥3,300(税込)ジム、サウナ、シャワー、ロッカーのご利用
ジムのみ無料ジムのみのご利用
写真:じゃらんより引用

 

サウナは近隣の温浴施設「横浜みなとみらい 万葉倶楽部」がオススメです。こちらは後ほどご紹介します。

クラブインターコンチネンタル ラウンジ

こちらはいわゆるクラブランジです。

クラブフロア宿泊者はフードやドリンク、アフターヌーンティーなどさまざまなサービスをうけることができ、チェックイン、チェックアウトもこちらで対応していただけます。

クラブラウンジの様子は後編の記事で詳しくご紹介しますので楽しみにしていてください。

 

夜景について

 

「横浜みなとみらい」といえば夜景のキレイなことで有名です。ここからはそんな「みなとみらい」の夜景をじっくりとご紹介していきます。

まずは今回の客室28階からの眺めです。

ハーバービューというだけあって横浜ベイブリッジをはじめとした横浜港の景色を一望することができます。対岸の街明かりや工場の照明などが輝いて幻想的な景色が広がっていました。

 

こちらは特徴的なヨコハマグランドの形がはっきりと分かる景色です。ホテルのすぐ近くの国際橋からの撮影です。

 

こちらはメルヘンチックな建物に囲まれおとぎの国に迷い込んだような場所からのみたヨコハマグランドです。非日常的な空間と非日常的なホテルという構図にしてみました。よこはまコスモワールドからの撮影です。

  

つづいてはちょっと離れて横浜ハンマーヘッドからの夜景です。ここには同じIHGグループのホテル「インターコンチネンタル横浜 Pier 8」があります。

ヨコハマグランドとコスモクロック、ランドマークタワーが一同に介しとてもキレイな夜景を楽しむことができます。

アクセスと周辺案内

アクセスについて

アクセスは電車の場合は横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい」駅より徒歩約5分、JR京浜東北線・根岸線「桜木町」駅からは徒歩約12分です。

みなとみらい駅からのアクセスは公式HPに写真の案内がありますのでご活用ください

https://www.icyokohama-grand.com/assets/pdf/access/fromMMsta.pdf

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次